プランが違うので注意|激安プランでチラシ印刷してくれる業者|強烈な印象を残そう

激安プランでチラシ印刷してくれる業者|強烈な印象を残そう

プランが違うので注意

チラシ

印刷業者を利用して広告を作ろうとするとき、色んな用語を目にするのでその違いを知っておいた方が良いでしょう。チラシ印刷とフライヤー印刷では似たようなものでも性質や紙の大きさ、重さが違ってきますので注意です。フライヤーとはもともとは飛行機から落として配った紙の広告が語源となっています。空を飛ぶものであるからフライヤーというわけです。対して、チラシはできるだけ大量に印刷してばらまくつまりは散らすということからチラシになりました。大した違いはないように思えますが、チラシはポストや新聞に入れたり街で人が配ったりするので手渡す性質があります。フライヤーは勝手に飛行機から落とすため、拾ってもらわなければいけないのです。このことから、フライヤー印刷におけるデザインでは「人に手にとってもらえるものにする」ことが重要視されているのです。

フライヤー印刷が行われるのは、主にミュージシャンのイベントや展覧会の宣伝など、おしゃれなイメージを大事にしたいときです。手渡すような宣伝をせずに、興味のある人に訴えかけるものなので、デザインも今時のものでおしゃれにする必要があります。また、選ぶ紙もA4以上にならないようにします。それ以上大きいと持ち帰りにくいためです。加えて、フライヤー印刷で使う紙には少し集めの紙が使われます。フライヤー印刷で使われる紙は90kg~135kgなので、印刷価格も少し高めになるでしょう。チラシとは少し違う性質をもつので、フライヤー印刷を業者に頼む際にはプランを確認するといいです。